専門医の指導のもとで治療薬を服用するのと同時に、生活習慣を見直す。これがAGA対策における最善策です。

正しいシャンプーの仕方

1日の中で最も髪と頭皮に触れるのは?それはシャンプーする時です。

シャンプーは毎日の習慣だからこそ、適切に行えば行うほど、AGA対策としても絶大な効果を期待することができます。

そこで、簡単に正しいシャンプー方法をご紹介したいと思います。

先ずシャンプー前には簡単にブラッシングをしてフケやホコリなどを取り除きます。

次に、シャワーでしっかりと頭皮を洗い流しましょう。

この際、「紙を濡らす」レベルではなく、それこそシャワーだけで頭を洗い切る勢いで!特に整髪料をつけている場合は、念入りに洗い流すようにしましょう。

こうすることで無駄にシャンプーを2回する必要がなくなります。

そしていよいよシャンプーですが…、原液をそのまま頭にはつけないで!必ず手の中で泡立ててから頭につけるようにしましょう。

シャンプーは爪ではなく指の腹で、下から上へ向けて指を使いましょう。

たっぷりの泡立てて、耳の脇から徐々に頭頂部に向かって洗っていきましょう。

この際、くれぐれも指に力をいれすぎないように。

爪を立てるのも厳禁です。

そして「すすぎ」ですが…、これもシャンプー同様入念に。

すすぎ残しがあるとフケや痒みの原因になるので要注意です。

お風呂から出たら髪を濡れたまま放置せず、先ずは優しくタオルドライします。

頭皮や髪をこすらずに、やさしく頭を押さえるような感じにしましょう。

次に、ドライヤーで一気に髪と頭皮を乾かします。

ドライヤーは髪に近く宛てずに、ある程度距離を保ったまま、全体をまんべんなく乾かします。

8~9割程度乾けばそれでOKです。

以上が基本的なシャンプーのやり方です。

一部のAGA予防のシャンプーなどは微妙にやり方が異なりますので、その場合はきちんと使用書に従ってシャンプーを行うようにしましょう。